AMS(v4)マニュアル

簡単ホームページ作成ツール「AMS(v4)」のマニュアルサイトです

HOME ≫ 編集方法一覧 ≫

AMS(v4)マニュアル

独自ドメインの取得方法 ※ACE/LEOプラン対応

1)ログインして管理画面を開きます

3kanrigamen

==========================================

2)【ドメイン設定】ボタンをクリックします

※ドメイン取得画面が表示されます。

2domeinsettei
 
==========================================

3)ドメインを取得します

 1.好きなドメインを入力
 2.プルダウンから[ .com/.net/.org/.info/.biz]いずれかを選択
 3.「ドメインを確認」ボタンをクリック


sagasu

==========================================

4)取得不可の場合

「ドメインは取得できません」と表示された場合、そのドメインはすでに他の方が取得されています。

※ドメインは世界に一つです。単純なドメインはすでに使用されています。(ishikawa.comなど)
 希望ドメインが取得できなかった場合、数字や英語を少し足して、お試し下さい。 (ishikawa1.com、ishikawa-k.comなど)

2torenai

==========================================

5)取得可能な場合

「ご希望のドメインで登録可能です」と表示された場合、そのドメインは取得可能です。

入力内容に間違いがなければ、「ドメインを登録」をクリックします。
もう一度、別のドメインをチェックしたい場合は、「キャンセル」をクリックします。

syutoku

==========================================

6)取得完了

「ドメインを登録」ボタンをクリックすると、取得完了のメッセージが表示されます。

ドメインの取得が完了したら、独自ドメインのメールアドレスを取得しましょう。
独自ドメインのメールアドレスの管理方法はこちら

3syutokukanryou

Twitter タイムラインウィジェットの設置方法

※ACEプランの場合の操作方法となります。LEO / FREEプランでは一部機能が利用できない場合があります。予めご了承ください。
 



※こちらは、2019年3月1日時点の情報となります。
 

1)Twitterを開き、ログインします。

「Twitter」のサイトへアクセスし、Twitterアカウントを、既にお持ちの場合は【ログイン】ボタンを押して、お進みください。

Twitterアカウントを、まだお持ちでない場合は「アカウント作成」にお進みください。
 

2)ログイン後、画面右上部にある「プロフィール画像」>「設定とプライバシー」の順にクリックし、「ユーザー名」の下にあるTwitterのURLをコピーしてメモ帳などのテキストエディタに貼り付け、保存しておきます。 

URLのコピー方法はこちら

TwitterのURLをコピーする
 

3)Twitter の「ウィジェット作成ページ」を開き、画面を下へスクロールして【Embedded Timeline】をクリックします。

Twitter の「ウィジェット作成ページ」はこちら

Twitter「ウィジェット作成ページ」で【Embedded Timeline】をクリック
 

4)手順1で保存しておいたURLをコピーして貼り付け、【Preview】をクリックします。

【Embedded Timeline】にTwitterのURLを貼り付ける
 

5)【set customization options.】をクリックして「Height(px)」(高さ)、「Width(px)」(幅)を入力し、【Update】をクリックします。

※【高さ:380〜450程度】、【幅:250〜500程度】で、ページとのバランスを考えて、適宜調整してください。

Twitterウィジェットをカスタマイズ
 

6)【Code Copy】をクリックしてコードをコピーし、メモ帳などのテキストエディタに貼り付け、保存しておきます。

Twitterウィジェットの埋込コードをコピー
 

7)AMSにログインして、手順7で保存しておいたコードを記事の【ソース】、または、サイド自由HTMLに貼り付け、「プレビュー」で表示を確認し、「公開」します。
 

 

Google アナリティクスの設置方法

❶Google Analytics を開く


Google Analytics」のサイトへアクセスし、Googleアカウントで ログインして、アナリティクスの「設定」をクリックします。
※Googleアカウントを持っていない場合は「アカウント作成」に進みます。

==========================================

❷Google Analytics に申し込み

google_analytics7


お申し込み】ボタンを押す。

==========================================

❸基本情報の登録

google_analytics8

以下の情報を設定します。
「ウェブサイト名」・・・サイトの名前を入力します

「サイトURL」・・・サイトのURLを入力します
「業種」・・・サイトの内容に合わせて選択します ※該当業種がない場合は
その他】
「タイムゾーン」・・・該当する国名を選択します
「アカウント名」・・・任意の名前(サイトの管理者名など)を入力します

【トラッキングIDを取得】ボタンを 押す。

google_analytics9

お住まいの国名(または地域)を選択し、【同意する】ボタンを押す。

==========================================

❹トラッキングコードの取得

google_analytics11

トラッキングコードが表示されるますので
この赤枠内のコードを全てコピーしてください。


==========================================

❺トラッキングコード の導入


Analytics_v4

【ここから、AMSのホームページ編集画面での作業になります】
編集画面左上部にある「設定」をクリックし、「共通スクリプト」に❹でコピーした
トラッキングコードを貼り付けます。
【サイト設定を更新】ボタンを押し て、【公開 】を行い導入完了。

※コードの貼り付け前に【スクリプト使用許諾】
をご確認いただき、同意ください
※トラッキングコードをホーム ページに反映させるため必ず公開を行ってください。


==========================================

❻Google Analytics の稼動確認

google_analytics6


24時間後、「Google Analyticsサイトにログインして、
アクセスデータを確認してください。



 

Google サーチ コンソールの設置方法

※Googleウェブマスターツールの名称が「Google サーチ コンソール」に変わりました(2015/5)
 

■サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)って何?

あなたのホームページは
Googleの検索エンジンに正しく評価されていますか?コンテンツは大丈夫ですか?

検索エンジン側の判断なので、ご自身のホームページの状態を把握することは
なかなか難しいことです。

そんなお悩みを解決する一つのツールが【サーチコンソール】です。

例えば、サイトにクローラー(検索エンジンのロボット)がきちんと巡回してくれているか、
コンテンツでエラーが発生している、など生じた問題が分かるため、対応することが出来ます。

また、不自然なリンクを多く行っている、Googleにとって好ましくない情報を掲載しているなどの、
アラートもサーチコンソール上でメッセージとして届きます。

ホームページの運営状況を把握する一つのツールとして、よろしければお試しください。

ACE/LEOプランから導入可能となっております。
アップグレードの方法は、コチラをご確認ください


==========================================

※Googleウェブマスターツールの名称が
「Google Search Console(グーグル サーチ コンソール)」に変わりました(2015/5)
 

■サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の登録方法

①「Google サーチコンソール」のサイトを開く

「Search Console」をクリックし、右上のログインボタンをクリックします。

serchConsole20180807


==========================================

②Googleのアカウントでログインする。

1.Googleアカウント情報(Gmail アドレス・パスワードの順)を入力してください。
2.【次へ】ボタンを押してください。

serchConsole20180807-2


==========================================

③サイトURLの登録画面が表示されます。

(1)サイトURLを入力します。
 http://ma2daira.com/の場合、「http://ma2daira.com/」で入力します。
(2)【プロパティを追加】ボタンをクリックします。

console_1


※ログイン後、下記の画面で「未確認」の表示となっている場合は、
「サムネイル」または「このプロパティを確認」をクリックします。


WEBMASTERTOOL_2-2

==========================================

④metaタグを取得

GoogleAnalytics の設置が完了している場合は、metaタグの取得は不要です。
 「おすすめの方法」の「Googleアナリティクス」をクリックし手順⑥に移動します

「おすすめの方法」タブ、または、「別の方法」タブの 「HTMLタグ」 をクリックし、
表示されたmetaタグをクリックします。

metaタグが選択された状態(文字背景色「青」)で、右クリックしてコピーします。

WEBMSTERTOOL4


==========================================
※こちらは、AMS【ホームページ編集】での作業となります

⑤metaタグ の貼り付け

GoogleAnalytics の設置が完了している場合は、metaタグの貼り付けは不要ですので、
 手順⑥に移動します

AMSのホームページ編集画面、左上部の【基本設定】ボタンをクリックし、
「スクリプトタグ使用設定」の「共通スクリプト」に
④でコピーした metaタグを貼り付け
【登録】ボタンをクリックし、【Web更新】します。

※metaタグの貼り付けに関しては【スクリプトタグの使用】もご参照ください。
※metaタグをホームページに反映させるため必ずWeb更新を行ってください。

WEBMSTERTOOL5-2


==========================================

⑥確認作業

サーチコンソールの画面に戻り、「確認」をクリックします。

※「⑤metaタグの貼りつけ」後すぐの場合など、
 タイミングによってはエラーが表示される場合がございますが、
 その際は時間をおいて、再度「確認」をお試しください。

WEBMSTERTOOL6


==========================================

⑦確認終了

導入が成功し、下記の画面が表示されたら「続行」をクリックします。

WEBMASTERTOOL_7


==========================================

⑧サイトマップを登録

「サイトマップ サイトマップがありません>>」ボタンをクリックします。

WEBMSTERTOOL8-2



==========================================

⑨サイトマップを追加

「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックします。

wm_sitemap09


==========================================

⑩サイトマップを送信

①sitemap.xmlを入力し、
②「サイトマップの送信」
ボタンをクリックします。

wm_sitemap10


==========================================

⑪サイトマップを確認

「ページを更新する」をクリックします。

wm_sitemap11


==========================================

導入が成功している場合、下記画面が表示されます。

wm_sitemap12


==========================================
※2014年6月4日現在の情報となります

ACE/LEOプランから導入可能となっております。
アップグレードの方法は、コチラをご確認ください

 

ページの複製・削除


自由ページは複製や削除が可能です。
※削除したページは元に戻せませんので、予めご了承ください。

→ページの追加・編集方法はこちら
→フォームの追加方法はこちら
→記事の追加はこちら
→フォトギャラリーの追加方法はこちらこちら
 



1.「ページ管理」をクリックして自由ページ一覧を表示し、該当ページの「複製(または、削除)」をクリックする

※削除したページは元に戻せません。十分ご注意ください。

pagecopydel


記事の複製



1)コピーしたい記事の編集画面を開きます。
→記事の編集方法はこちら

 



2)本文項目の「ソース」をクリックしてソース編集モードに切り替え、htmlソースの状態で全文をコピーしてから、「キャンセル」で編集画面を閉じます。

※全文を選択状態にする:キーボードの「Ctrl」を押したまま「A」を押す。
※コピー:キーボードの「Ctrl」を押したまま「C」を押す。
記事の複製_記事をコピーする



3)新しく記事を追加し、本文項目の「ソース」をクリックしてソース編集モードに切り替え、コピーしておいたhtmlソースを貼り付けてから、
再度、「ソース」をクリックして通常編集モードに戻し、内容を修正して「登録」します。

※貼り付け:キーボードの「Ctrl」を押したまま「V」を押す。
※文字装飾された箇所は、2文字目から新しいテキストを入力し、その後不要なテキストを削除する。
記事の複製_複製した記事の内容を修正する


文字装飾(太字/文字色/文字サイズ など)の解除方法



1)記事の編集画面を開きます。
→記事の編集方法はこちら
 



2)テキストをドラッグして選択し、「書式を解除」アイコンをクリックします。
文字装飾(太字/文字色/文字サイズ など)の解除

装飾を含めテキストを全て削除する場合


「body」をクリックして、テキストが全て選択された状態にし、
キーボードの「Deleate」キー(または「BackSpace」キー)を押すと、装飾を含め、テキストが全て削除されます。
文字装飾(太字/文字色/文字サイズ など)の解除_全て削除


アンカーリンクの設定方法



アンカーリンクを張ると、ページ内の特定の箇所にリンクさせることが可能です。
※スマートフォンやタブレットなど、一部の端末では指定した箇所がうまく表示されない場合があります。
 



事前にご準備ください▽
リンク先のURLをメモ帳などに貼り付けておきます。
→ページURLの確認方法はこちら

【1】リンク先の設定(アンカータグを設置する)


リンク先となる記事の編集画面を開き、「属性設定:id」に、アンカー名(任意の半角英数字)を入力して「登録」します。

→記事の編集方法はこちら

※アンカー名は半角英数字で好きな名前をつけられますが、同一ページ内で同じアンカー名は重複使用できません。
 正しい例)1つめのアンカー名「sample01」、2つめのアンカー名「sample02」
 誤った例)1つめのアンカー名、2つめのアンカー名、両方が「sample」

アンカーリンクの設定_アンカータグの設置

【2】リンク元の設定(アンカーリンクを張る)


1)リンク元となる記事の編集画面を開き、テキストを選択します。

→記事の編集方法はこちら

2)「リンク挿入」アイコンをクリックします。

3)プロトコルを「<その他の>」に変更します。

4)URLに準備しておいたリンク先のURL、「#(半角シャープ)」、【1】で設定した「アンカー名(任意の半角英数字)」を入力します。
例)/●●●.html#sample01
※リンク先のURLが「https://〜」から始まる場合は、ドメインまでを削除して入力します。

5)「OK」>「登録」の順にクリックします。
アンカーリンクの設定_アンカーリンクを張る


テキストリンクの張り方



記事本文に入力したテキストからリンクを張ることができます。
 



1.記事編集画面を開く

→記事の追加・編集方法はこちら


テキストリンクの張り方_記事編集画面を開く
 



2.リンクを設定するテキストをドラッグして選択し、リンク設定画面を開く

【1】テキストの先頭をクリックして、【2】ドラッグ* で選択し、【3】「リンク挿入/編集」アイコンをクリックする
 *ドラッグ‥マウスをクリックしたまま移動すること(テキストの背景色が青くなります)

テキストリンクの張り方_リンク設定画面を開く



3.リンクを設定する

【4】リンクタイプ、【5】プロトコルを選択して、【6】URLを挿入し、【7】「OK」をクリックする
リンクを設定したいURLをコピーする方法は?

※外部サイトやPDFへのリンクは、新規ウィンドウで表示するよう追加1、追加2の設定も行います。

テキストリンクの張り方_リンクを設定する
追加1:「ターゲット」タブ >「新しいウィンドウ(_blank)」を選択
  テキストリンクの張り方_リンクを設定する[追加1]

追加2(外部サイトへのリンクの場合のみ):「高度な設定」タブ >「関連リンク」に「noopener」を入力

  テキストリンクの張り方_リンクを設定する[追加2]



4.記事を登録する

【登録】をクリックして編集内容を保存します。

※【キャンセル】、右上部の【×閉じる】をクリックすると編集内容が破棄されます。

テキストリンクの張り方_記事を登録する
 


PDFの挿入



PDFはページ内に表示することができないため、テキストや画像からリンクを張って閲覧できるようにします。
 


1.PDFをファイル管理にアップロードする

PDFのアップロード方法はこちら
 


 

2.アップロードしたPDFのURLを取得する

ファイル情報の確認方法はこちら
 


 

3.下記3ついずれかの方法で、【手順2】で取得しておいたPDFのURLにリンクを張る
[1]バナー画像からリンクを張る
バナーの追加方法はこちら
※上記URL手順3-(3)「リンク先URL」にPDFのURLを入力する

[2]記事本文のテキストからリンクを張る
テキストリンクの張り方はこちら
※上記URL手順3-(3)「URL」にPDFのURLを入力する

[3]記事内の画像からリンクを張る
記事の編集方法はこちら
※上記URL手順3-(4)「リンク先URL」にPDFのURLを入力する