AMS使い方マニュアル

簡単ホームページ作成ツール「AMS」のマニュアルサイト

ホーム ≫ AMSにログインする ≫

AMSにログインする

はじめに

用意しておくもの

  • AMSへのログイン情報

制作代行サービスをご利用のお客様
弊社よりお送りしている、件名「【AMS】(お客様名)、サイト納品及び公開のお知らせ」のメールをご確認ください。

ご自身で作成されたお客様
プランお申し込み受付時のメールをご確認ください。

  • ブラウザ(Google ChromeまたはFirefox)

※Internet Explorerでは動作いたしませんのでご注意ください。

1.AMSログイン画面にアクセスする

AMSログイン

Chromeを起動して、AMSログイン画面にアクセスします。

AMSログインURL:https://c.amsstudio.jp/login

2.ログインする

AMSログイン01

ケーススタディ

ログイン情報は、以下内容と想定します。(※下記ログイン情報はサンプルです。)

  • ログインID:otoiawase@samplehp.com
  • ログインパスワード:gusiug0w

必須入力項目

ログインID ログインID(メールアドレス)を入力します。
→ケーススタディの場合:otoiawase@samplehp.com
パスワード パスワードを入力します。
→ケーススタディの場合:gusiug0w

確認項目

  • ログイン状態を記憶する
  • チェックを入れると、次回よりIDやパスワードを入力せずにAMSにログインできます。

ログインできない場合

「ログイン」ボタンを押してエラーが出た場合は、入力したログイン情報に誤りがあります。次の項目を再度確認してください。

  • 半角モードで入力されていますか?
  • ログインIDやパスワードは、メール本文からコピー&ペーストされていますか?

3.ログイン完了

AMSログイン03

管理画面が表示されれば、ログイン成功です。

4.ログイン前にパスワードを変更する

ログインIDが分かっているのに、パスワードを忘れてしまった時は、パスワードをリセットして新しいパスワードを発行することができます。

AMSログイン02

AMSログイン画面(https://c.amsstudio.jp/login)にアクセスします。

パスワードを忘れた方」をクリックします。

AMSログイン06

ログインIDまたはご契約情報のメールアドレスを入力します。

入力したメールアドレス宛に新しいパスワードが送信されます。

5.ログイン後にパスワードを変更する

ホームページ担当者が退職した場合なども、セキュリティーを考慮してパスワードを変更することをオススメします

AMSログイン07

管理画面の「パスワード変更」ボタンをクリックします。

AMSログイン08

現在のパスワード」と「新しいパスワード」を入力して、「ログインパスワードを変更」ボタンをクリックします。

システム内部でパスワードが変更され、管理画面に戻ります。

パスワードの取り扱いについて

パスワードは大切に管理してください。また、セキュリティを考慮すると、覚えやすいパスワードや推測しやすい英数字の羅列はオススメしません

NG例)abcde
NG例)12345