AMS使い方マニュアル

簡単ホームページ作成ツール「AMS」のマニュアルサイト

ホーム ≫ Gmailのメール設定を変更する ≫

Gmailのメール設定を変更する

Gmailで送受信できないお客様へ

2020年4月13日現在、Gmailに設定したメールアドレスから、メールが送信できない事象が発生しております。

設定済みのメールアドレスの送受信サーバーを、[mail.独自ドメイン]から[mail.cr-cms.net]に変更することで送信できるようになります。

ケーススタディ Gmail編

Gmailに設定済みのメールアドレス(例 otoiawase@example.com)の送受信サーバー設定を変更したい。

メールアドレス・パスワードについて

制作代行サービスをご利用のお客様
弊社よりお送りしている、件名「【AMS】(お客様名)、ドメイン取得及びメールアドレス設定項目情報について」のメールをご確認ください。

ご自身で作成されたお客様
メールアドレスを取得された時のメールアドレスとパスワードをご確認ください。

1.Gmailにアクセスし、設定画面を開く

Gmail01

Gmail画面の右上のネジのアイコンをクリックします。

gmail1

右上の「歯車」をクリックし「すべての設定を表示」メニューをクリックします。

2.送信サーバー(SMTP)を変更する

Gmail設定変更02

アカウントとインポート」を選択し、設定済みのメールアドレスの「情報を編集」をクリックします。

Gmail設定

必須入力項目

名前 差出人の名前が表示されています。変更することも可能です。

確認項目

エイリアスとして扱います

チェックを入れます。


「名前」、「メールアドレス」が正しく表示されていることを確認し、「エイリアスとして扱います」のチェックを入れます

次のステップ」をクリックします。

Gmail設定変更09

必須入力項目

SMTPサーバー mail.cr-cms.net
(※必ずこのサーバー名を入力してください)
ユーザー名 設定済みのメールアドレスが表示されます。
(例 otoiawase@example.com)
パスワード 設定済みのメールアドレスのパスワードを入力します。
(※Gmailのパスワードではありません)
ポート 465

確認項目

SSLを使用したセキュリティで保護された接続(推奨)

こちらを選択します。

入力およびチェック項目の確認が終わったら、「変更を保存」をクリックします。

3.受信メール(POP3)サーバーを設定する

Gmail設定変更06

他のアカウントのメールを確認」項目に設定済みのメールアドレスの「情報を編集」をクリックします。

Gmail設定変更07

必須入力項目

ユーザー名 設定済みのメールアドレスが表示されます。
(例 otoiawase@example.com)
パスワード 設定済みのメールアドレスのパスワードを入力します。
(※Gmailのパスワードではありません)
POPサーバー mail.cr-cms.net
(※必ずこのサーバー名を入力してください)
ポート 995

確認項目

取得したメッセージのコピーをサーバーに残す

Gmailでのみ受信する場合はチェックを外します
設定中のメールアドレス宛のメールをGmail以外でも受信する場合はチェックを入れます

メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する

チェックを入れます

受信したメッセージにラベルを付ける

チェックを入れます。(任意)

入力およびチェック項目の確認が終わったら、「変更を保存」をクリックします。

正しく設定が変更されたかどうかを確認するために、送受信テストを行います。

4.エラーが出た場合

Gmail設定変更08

「変更を保存」ボタンを押してエラーが出た場合は、もう一度パスワードを入力して「変更を保存」をクリックしてください。

5.送受信テストを行う

設定変更したメールアドレスから、メールの送受信テストを行います。

送受信テストの手順

  • 受信できるメールアドレス宛にメールを送信する
    例)otoiawase@example.comからshigoto@gmail.comに送信
  • 受信したメールからそのまま返信する

正常に送受信ができたら、Gmailの設定変更は完了です。

otukaresamadesita

こちらのページも見られています